社会福祉法人 風舍の紹介


風舍について

1992年6月、日向市北町に「パンとやさいの店風舎」というパン屋が開店しました。


天然酵母、国内産小麦粉、砂糖や塩など材料などにこだわっているという以外にはごく普通のパン屋。そこで働いている職人の中には、「障害」のある人もいました。
パン職人と言っても、実は全員素人。小麦粉を触ることも初めてという人が殆ど。そんなわけですから、街のパン屋さんのようなパンができるはずがありません。そこで、昔取った杵柄、好きで焼いていた天然酵母100%のパン、そして、出来るだけ地元産にこだわった材料を使うことで風舎の特色を出すことにしました。

やってみると、これが以外に障害のある人々のリズムに合っている。
何で、そんなにしてまで、パンにこだわるの?そんな質問をよく聞きます。
製造工程の多様さ、そしてその日に完成したものを販売します、つまり、自分が作ったものが目の前で売れるのです。パンのお客さんは勿論地域の人、遠方の人、パンを挟んで話も弾みます。障害があろうがなかろうが、障害が重かろうが軽かろうが、そんなこと関係ない。働いている人皆が対等で、チームワークばっちりの世界。それがパン屋。そんな作業は滅多にない。そして、何より、食べるものって、夢があるでしょう!
働く人の中で、障害のある人々がだんだん増えてきましたので、パン屋は、2003年9月に社会福祉法人 風舎に変わりました。そうです。社会福祉法人 風舎の誕生です。rinen.jpg

風舎は、「パンとやさいの店 風舎」の頃から変わることなく、障害者が地域で普通に暮らせる社会を目指しています。何の違和感もなく、障害のある人が地域の方々の支援や事業所のサービスを受けながら、あるいはまた、1人で、好きな人とで地域の中で普通に暮らす、それがバランスのとれた成熟した社会だと風舎は考えます。

そのためには、障害のある人は特に生きる力が必要です。少なくとも①伝える力 ②体力  ③移動する力、主にこの3つの力は地域で生きるために欠くことができない力だと思っています。この理念を支援の柱として実践を計ります。

富高

天然酵母のパンの店


2004年4月冨高小学校の隣に通所授産施設 風舎を設立しました。
勿論、パン屋に変わりはありません。施設になって変わったことといえば、パン職人さんが多くなったこと、パンを焼くオーブンがそれまでは普通のガスオーブンから溶岩釜に変わった位です。

施設の隅に小さなお店があります。地域の方々が毎日パンを求めて来て下さいます。
パンを作る人、お店をきりもりする人、外販に行く人・・・。それぞれに役割があります。それが、風舎を1つにしています。

20011年6月、自立支援法によるサービス事業所に移行し、現在は、法律名で言えば「指定障害福祉サービス事業所 就労継続支援B型事業所 風舎」となります。
「就労」という文字が付いていることから、授産施設の頃より、「パン工場で働く」という意味合いが強くなりました。

でも、パン職人さんが醸し出す雰囲気の楽しさ面白さ、熔岩釜で焼いた天然酵母のパン屋であること、街の中にあること、地域の中にあること、パンの材料等々、たくさんのこだわりを含めて「天然酵母パン風舎」はいつも現在進行形です。

つるまち

表現の場 つるまち


天然酵母パンの店風舎が開設して約5年後、少しずつ風舎は大所帯になり、別居が必要になりました。そこで、日本財団の補助をいただいて、鶴町に「風舎・つるまち」を設立することになったのです。

風舎・鶴町というのは、新しい障害福祉の法律、自立支援法にいうところの「指定障害福祉サービス事業所 生活介護事業」の場になりました。その竣工式を、都城のプロのチンドン「花ふぶき一座」に盛り上げてもらったのですが、チンドンの軽快なリズムに大いにノリまくり、花ふぶき一座の臨時座員になって会場を沸かせたのは、つるまちのメンバーさんたちでした。つるまちのメンバーさんは、制度で言えば「重度の障害者」ということになりましょうか。でも、そんなことは問題外。可能性豊かで素晴らしい人々です。ただ、少しコミュニケーションのとり方と表現方法が個性的ですが。

そんな素敵な人々が、あの手この手で自分の思いを表現する。そのことを地域の方々に知っていただく。それがつるまちの存在理由と言えます。

グループ&ケアホーム

「地域で暮らす」ならば、生活の場が必要です。


2007年6月日向市財光寺、住宅街にグループホーム・ケアホームを創設しました。
ホームの名前は「どれみふぁ荘」。女性1人・男性2人からの出発でした。
昼間は、2人は企業就職、1人は地域の作業所に通い、「ただいま」とホームに帰り、世話人さんが作った温かい夕食を囲んで、お昼の出来事をそれぞれ思い切り喋って共有しあうその姿に感動したことを憶えています。
それで、癖になったというか、「ホームの空きはありませんか?」とのお尋ねに突き動かされたというか、「どーなつ荘」、「みんなの家」と現在3軒になりました。
2008年までは、「れもん荘」という2人住まいのホームがあったのですが、これは男女のカップルで、2人が別れることになって終わりを迎えました。

名前の付け方、何となく聞き覚えがありませんか?
そうです。あの有名な「どれみの歌」からいただきましたが、著作権云々になるのでしょうか。ともあれ、次にできるホームの名は、「ファイトハウス」ということになります。

ホームは一日の仕事を終え、ホッとする場、ホームの中の個人の部屋は自分の空間、ですから、何も規則はありません。
ただ一つ約束があります。それは「お互いさま」ということ。

風舎のホームはそんなところです。

Croqette

街のコロッケ屋さん


オープンは2011年の4月、風舎にとっては地域への出先最前線。大きな施設を飛び出し、小さな社会に出たメンバーさんは、地域の住民のみなさんとフィルター越しではない直接のやりとりを行なってます。
昼食も風舎(富高)から配達されてきた食材を自分たちで盛り付けていただく。まさに、社会への入り口へ一番近い場所がクロケット。
これからは社会とキャッチボール これからが楽しみなクロケットです。

cromem.jpg

ハッピー給食

給食では毎月1回「ハッピー給食」という行事食があります。 


文字の通りいつもよりちょっと豪華な食事をたべてパーッピーな気持ちになろう というものです。 
しかし、それだけではななく、食べることのありがたさ、作ってくれた人への感謝、野菜や 牛さん 豚さんへの「命をいただきます」という感謝の気持ちをメンバーさんにつちかってもらえたらという気持ちでこの「ハッピー給食」をおこなってます。

献立例
10月 ビーフシチュー hks201110r.jpg 11月の予定 hks201111.jpg

献立表

11月献立表.pdfhks201111_th.jpg / 10月献立表pdfhks201110_th.jpg

沿革/所在地

風舍のあゆみ


1992(平成04)年06月07日 「パンとやさいの店 風舎」 開店
1995(平成07)年04月01日 小規模作業所 「パンとやさいの店 風舎」となる
2003(平成15)年09月01日 社会福祉法人 風舎登記完了
2004(平成16)年04月01日 知的障害者通所授産施設 風舎開設
2007(平成19)年06月17日 グループホーム・ケアホーム「どれみふぁ荘」開設
2008(平成20)年03月22日 グループホーム・ケアホーム「どーなつ荘」開設
2008(平成20)年11月01日 風舎・つるまち開設(生活介護事業・自立訓練多機能型)(指定相談支援事業)
2010(平成22)年06月01日 知的障害者通所授産施設風舎より就労継続支援B型事業所に移行
2010(平成22)年07月26日 ケアホーム「みんなの家」開設
2010(平成22)年10月31日 自立(生活)訓練事業廃止
2011(平成23)年04月06日 コロッケの店「croquette」開店


所在地

天然酵母のパンの店 風舎
  宮崎県日向市富高6522番地 TEL 0982-54-8242 FAX 0982-50-0261

風舎つるまち
  宮崎県日向市鶴町3丁目50−8 TEL 0982-66-4400

Croquette
  宮崎県日向市比良町5-8 TEL 0982-57-3907 FAX 0982-57-3908

宮崎県日向市までの交通

 飛行機で宮崎まで
  東京から約1時間30分
  大阪から約1時間
  福岡から約45分(新幹線+高速バスだと3時間ちょっと)
  (宮崎空港から宮崎駅へはバスやJRがご利用いただけます。)

 JRで宮崎駅から日向へ
  宮崎駅から約40~60分程度

 車で宮崎市内から日向へ
  約2時間程度